Ⅰ.不動産経済・経済測定ワークショップ(Workshop on Economic Measurement and Activities Group: EMAG)

*月に一回,経済測定・不動産経済の研究者によるワークショップを開催します。

研究会メンバー:

・清水千弘(東京大学/日本大学・教授)
・高橋孝明(東京大学・教授)
・植杉威一郎(一橋大学・教授)
・阿部修人(一橋大学・教授)
・井上智夫(成蹊大学・教授)
・吉田二郎(ペンシルベニア州立大学/コロンビア大学・准教授)
・森 政貴 (レディング大学・准教授)
・宮川大介(一橋大学・准教授)
・中川万理子(東京大学・講師)
・平野智裕(東京大学・講師)
・北村周平(大阪大学・講師)
・鈴木雅智(東京大学・助教)

 

Ⅱ.国際ワークショップ

*海外から第一線で活躍する研究者を招聘し,公開ワークショップを開催します。本年度は,下記の日程で開催いたします。

Workshop on Economic Measurement and Activities Group: EMAG)

日時: 2019年10月18日 9:00-18:00 / 場所: 東京大学

Workshop on Real Estate Finance & Economics

日時: 2019年12月18日(水) 9:00-18:00 / 場所: 東京大学

 

Ⅲ.不動産市場分析研究会

*2016年から開催してきました,住宅市場分析研究会,商業不動産市場分析研究会を統合し,さらに専門家を加えて,「不動産市場分析研究会」として,不動産系の研究機関と官庁・大学研究者が共同で,年4回の研究会を開催してまいります。また,年1回の公開研究会を実施いたします。

 

Ⅳ.不動産投資市場研究会

*2017-2018年に,東京大学金融教育研究センターにて,金融庁・日本銀行・国土交通省,各金融グループを中心に開催した不動産金融フォーラムを母体として,不動産情報科学研究室主催にて2019年夏より再開していきます。(研究会メンバーのみ)。

https://www.carf.e.u-tokyo.ac.jp/forum/forum_04/

 

Ⅴ.不動産統計整備研究会

(1) 住宅部会

*住宅市場における課題を統計整備を通じて明らかにしていきます。本年度は、地域別の空き家率推計を実施していきます。

(2) オフィス部会

*民間にあるオフィス家賃データを用いて、オフィス統計の整備を進めていきます。

 

Ⅵ.不動産市場未来研究会

*不動産市場の未来像は,不動産市場の中に存在すると考えます。すでに,様々な地域では,不動産業が変革し,新しいイノベーションを起こしています。このよう実践の中に,人口減少・高齢化が進展する不動産市場において,不動産業が果たすべき役割の未来像が存在するものと考えます。不動産市場未来研究会では,各地域で実績を持つ不動産業を営む実務家,地域に入り実践している研究者を講師に招き,事例研究を進めていきます。

 

Ⅶ.BIMプラットフォーム研究会

*BIM(Building Information Modeling)をベースとした新しい建築技術と周辺技術を融合させたイノベーションを目指した研究会を開催します。

 

Ⅷ.不動産テックゼミ

*毎週木曜日 10:30-13:00 (ゼミ生のみ)

 

Ⅸ.研究指導カフェ

*研究室との共同研究者,研究員に研究室を開放し,共同の可能性を模索します。また,研究指導・ゼミを行います。

http://www.shmzlab.jp/Project.html