不動産鑑定士のための不動産テックイベントの開催

「不動産鑑定士のための不動産テックセミナー」

主催: 麗澤大学都市・不動産科学研究センター・麗澤大学AIビジネス研究センター

共催:  東京大学空間情報科学研究センター不動産情報科学研究部門・

運営: 地域未来創造大学校

私たち個人や企業は、新しいテクノロジーとどのように向き合えばいいのでしょうか。近年において、AIの性能が大きく上昇する中で、私たちを取り巻く生活・事業環境が大きく変化しようとしています。そして、産業界に目を向ければ、フィンテック(FinTech)、医療テック(Health Tech)など、様々な分野を対象に新しいテクノロジーが変革をもたらしています。そのような中で、欧米を中心にとりわけ注目が集まっているのが、不動産テック(Real Tech)です。中でも、不動産価格の予測を巡っては、様々なサービスが提供されるようになってきました。東京大学では、2019年に空間情報科学研究センター内に不動産情報科学研究部門が、さらに2020年には不動産イノベーションセンターが設置されました。また、麗澤大学では、2019年にAIビジネス研究センターが、2020年には都市・不動産科学研究センターが設立されました。そこで、本セミナーでは、不動産鑑定士のために、不動産テックの技術を理解していただくともに、実際のデータを利用して、不動産価格を予測するためのアルゴリズムを習得を目的とします。

開催時期: 2020年9月6日(月)から9月19日(土)

ターム01: (9/6-17): 住宅価格データを用いた住宅価格予測アルゴリズムの開発 オンライン講座

ターム02: (9/18-19): キャンパスにおける復習 実講義

千葉県柏市光が丘2-1-1

9/18(金) 10時 麗澤大学集合

9/19(土) 12時解散。

*午後は、高校生・大学生のための不動産テックコンテストの最終審査会に出席いただけます。皆さんと同じデータを使って、学生がどのような予測モデルを作ってきたか、またアプリを開発したのかを見ていただくことができます。

履修条件: RおよびPhythonの基礎を習得済みであること。復習は行いますが、初歩的なサポートは実施しません。

指導体制:

東京大学空間情報科学研究センター・麗澤大学都市・不動産科学研究センター

・清水 千弘、日本大学教授、東京大学空間情報科学研究センター特任教授、麗澤大学都市不動産科学研究センター長、博士(環境学)・東京大学

・馬場 弘樹、東京大学空間情報科学研究センター特任助教、博士(工学)・東京大学

・鈴木 雅智、東京大学空間情報科学研究センター特任助教、博士(工学)・東京大学

・新井 優太、麗澤大学都市不動産科学研究センター客員准教授、博士(理学)・新潟大学

9/18-19は、新井が中心となり、清水・馬場・鈴木の4人で実習もサポートしていきます。

PCを持参いただいても結構です。大学のコンピュータールームで講義を行う予定です。

費用等については、下記にお問い合わせください。宿泊等によって変わってきます。

*「麗澤大学キャンパスプラザ」にて宿泊が可能です。キャンパス内にあるホテルです。

http://campusplaza.moralogy.jp/

お問い合わせ・申し込みは、下記までお願いいたします。

info.machi-school@hello-renovation.jp

タイトルに、

「社会人のための不動産テックセミナー」申し込み

と記入ください。