代表

西村清彦・渡辺努

オーガナイザー

清水千弘・吉田二郎

共催

東京大学空間情報科学研究センター(CSIS)
麗澤大学 都市・不動産科学研究センター(2020年度~)

研究会の趣旨(2020年度)

ポスト・コロナ時代という言葉が、様々なところで利用されるようになってきた。不動産投資市場においても同様であり、これから新しい機軸や投資基準が生まれてくることが予想される。2019年度の不動産金融フォーラムにおいては、日本の金融機関において不動産に関するリスクが大きく上昇してきているのではないかという仮説の下で、三回の研究会を開催した。具体的には、住宅ローン,アパートローンの貸出量が増加するだけでなく,不動産投資信託に対する貸し付けやエクイティ投資など,様々な経路を通じて,不動産市場へと資金流入が増加することから生じる金融システムの不安定性を分析することを行った。加えて,公的年金などの不動産投資におけるリスク管理の問題にも焦点を当てた。2020年度は、ポスト・コロナ時代の不動産投資市場がどのように変容していくのか、そのような中で、不動産投資または不動産金融システムは、どのように機能させていったら良いのかといいのか、といった疑問に答えるために、不動産市場分析を行うエコノミスト・アナリスト、不動産投資・不動産金融に関わる実務家、不動産金融行政に係る専門家と研究者が集まり、ラウンドテーブル形式で討議する。

氏名所属・役職 
渡辺 努東京大学経済学部教授・学部長
西村 清彦政策研究大学院大学特別教授・総務省顧問
清水千弘東京大学空間情報科学研究センター特任教授/日本大学スポーツ科学部教授
吉田 二郎ペンシルベニア州立大学・スミール経営学カレッジ准教授/東京大学大学院経済学研究科 客員准教授
植杉 威一郎一橋大学経済研究所教授
上村 昌司麗澤大学経済学部教授・学部長
宮川 大介一橋大学大学院経営管理研究科准教授
森 政貴レディング大学・Henley Business School准教授
平野智裕ロンドン大学・Royal Holloway准教授
三尾 仁志日本銀行金融機構局金融システム調査課課長
長田 允弘日本銀行金融機構局金融システム調査課企画役
井﨑信也 国土交通省不動産・建設経済局不動産業課課長
皆川武士国土交通省不動産・建設経済局不動産市場整備課課長
水谷 登美男金融庁監督局銀行第二課兼総務課課長補佐
田中 茂樹三井住友信託銀行専務執行役員
中山善夫ザイマックス不動産総合研究所代表取締役社長
飯野 厚子国民年金基金連合会資産運用部運用企画課長
長谷川 智成農林中央金庫オルタナティブ投資部不動産ファイナンス・ソリューション室長
Olivier MegeReal Quality Rating代表取締役
川野 真治東京海上アセットマネジメント運用部長
矢口 一成株式会社ゆうちょ銀行市場部門常務執行役員不動産投資部長
西岡 敏郎一般財団法人日本不動産研究所上席主幹
坂本 雅昭三井住友トラスト基礎研究所投資調査第2部 部長 研究主幹
小夫 孝一郎ドイチェ・アセット・マネジメントオルタナティブ運用部 ディレクター
中嶋 康雄ラサール不動産投資顧問代表取締役

【第003回】不動産金融フォーラム

日時 2020年12月10日 (木) 11:00-13:00          
場所 オンライン
発表者 吉田二郎
論文名 不動産金融研究の新展開

【第002回】不動産金融フォーラム

日時 2020年11月26日 (木) 17:00-19:00          
場所 オンライン
発表者 Olivier Mege・川井康平
論文名 不動産の本源的価値(Real Quality)と欧州の不動産投資市場

【第001回】 不動産金融フォーラム

日時 2020年10月15日 (木) 17:00-19:00          
場所 オンライン
発表者 中嶋 康雄・西村章
論文名 ポストコロナ時代の不動産投資