不動産市場とマクロ経済:大規模ミクロデータを用いた解明 日本学術振興会・科学研究費補助金・基盤研究(A): 20H00082

研究業績報告書

2021年3月31日現在

2020年度に査読雑誌に掲載または掲載予定の論文は併せて15本である。その他に,国際学術雑誌に投稿済み,投稿予定の論文でDiscussion Paperとして公刊済みの論文は6本である。その他、公開した学術論文、国内の学会誌等に掲載された論説は10本となる。国際会議,国際学会,国内学会、研究会での報告は8回である。なお出版した書籍は,2冊である。

1. 学術論文

A. 査読付き論文: Peer Review Papers

  1. Nishi, H, Y.Asami and C.Shimizu (2021), “ The illusion of a Hedonic Price Function: Nonparametric Interpretable Segmentation for Hedonic Inference,” Journal of Housing Economics, 52, online(March 8, 2021), doi.org/10.1016/j.jhe.2021.101764.
  2. Suzuki, M., Asami, Y., Shimizu, C. (2021) “Housing rent rigidity under downward pressure: Unit-level longitudinal evidence from Tokyo”, Journal of Housing Economics, online (March 08,2021), doi.org/10.1016/j.jhe.2021.101762.
  3. 馬場弘樹, 関口知子, 清田陽司, 清水千弘(2021),「不動産取引データベースの網羅性向上を目的とした不動産募集広告情報のレコード同定」情報処理学会誌, Vol. 14, No. 1, pp. 18-29.
  4. 馬場弘樹, 清水千弘, 浅見泰司 (2020), 「旧耐震マンションの建替え要因の傾向と建替え予測の空間分布 首都圏を対象として」 都市計画論文集, 55(3), 1143-1150.
  5. McMillen, D and C.Shimizu (2020), “Decompositions of House Price Distributions over Time: The Rise and Fall of Tokyo House Prices”, Real Estate Economics, online(Oct29,2020), doi.org/10.1111/1540-6229.12338.
  6. 鈴木 雅智, 新井 優太 (2021), 「建物設備の進化に伴う既存住宅の経済的陳腐化」日本建築学会計画系論文集 86(779) 219 – 229.
  7. 鈴木 雅智, 新井 優太 (2020), 「物件レベルの資料請求量を用いた住宅市場の需給バランスの測定:首都圏中古戸建て住宅を対象に」都市計画論文集 55(3) 1136–1142.
  8. Suzuki, M., Asami, Y.(2020), “Shrinking housing market, long-term vacancy, and withdrawal from housing market ”, Asia-Pacific Journal of Regional Science, 4(3) 619 – 638. doi: 10.1007/s41685-020-00159-3
  9. 鈴木 雅智(2020), 「首都圏郊外分譲マンションへの流入世帯における住環境選好構造の変化」都市計画論文集 55(1) 58 – 66.
  10. Suzuki, M., Asami, Y.(2020), “Tenant Protection, Temporal Vacancy and Frequent Reconstruction in the Rental Housing Market ”, Real Estate Economics, 48(4) 1074 – 1095. doi.org/10.1111/1540-6229.12205.
  11. Baba,H., Y.Asami(2021), “Cost-efficient factors in local public spending: Detecting relationships between local environments, population size and urban area category” Environment and Planning B: Urban Analytics and City Science,(forthcoming). doi.org/10.1177/23998083211003883
  12. Baba,H., Y.Asami(2021), “Municipal population size and the benefits of inter-municipal cooperation: panel data evidence from Japan” 20. Local Government Studies 46(3) 371 – 393. doi.org/10.1080/03003930.2019.1624257
  13. Baba, H., Akiyama, Y., Tokudomi, T., Takahashi, Y (2020), “Learning Geographical Distribution of Vacant Houses Using Closed Municipal Data: A Case Study of Wakayama City, Japan”, ISPRS Ann. Photogramm. Remote Sens. Spatial Inf. Sci., VI-4/W2-2020, 1–8.
  14. 益田 理広, 秋山 祐樹(2020),「日本国内における近年の空き家研究の動向」,地理空間, 13(1), 1-26.
  15. 秋山 祐樹, 小川 芳樹, 秦 桜蘭(2020),マイクロジオデータを用いた日本全国の家賃形成メカニズムの解明,住総研研究論文集・実践研究報告集, 46, 1-12.

B. その他の投稿中・投稿予定の学術論文: Work on Progress

  1. Badarinza, C., T. Ramadorai, and C.Shimizu. (2020), “Gravity, Counterparties, and Foreign Investment”, SSRN-id3141255. (Revise and Resubmit: Journal of Financial Economics)
  2. Hill,R., M. Scholz, C. Shimizu and M. Steurer(2020) , “Rolling-Time-Dummy House Price Indexes: Window Length, Linking and Options for Dealing with the Covid-19 Shutdown”, CSIS Discussion Paper, No.166 . The University of Tokyo. (Revise and Resubmit: Journal of Official Statistics)
  3. Diewert, E and C. Shimizu (2020) , “Residential Property Price Indexes: Spatial Coordinates versus Neighbourhood Dummy Variables” CSIS Discussion Paper, No.165. The University of Tokyo. (Revise and Resubmit: Review of Income and Wealth)
  4. 鈴木雅智・新井優太・川井康平・清水千弘 (2020)「民間賃貸住宅市場における入居審査と家賃滞納」,『CSIS Discussion Paper (The University of Tokyo)』, No.168.The University of Tokyo.
  5. 鈴木雅智・清水千弘 (2020)「物件レベルの資料請求量を用いた住宅市場の需給バランスの測定:首都圏中古マンション市場を対象に」,『CSIS Discussion Paper (The University of Tokyo)』, No.162. , The University of Tokyo.
  6. 秋山 祐樹,馬塲 弘樹,大野 佳哉,髙岡 英生(2021)「機械学習による空き家分布把握手法の更なる高度化-自治体の公共データを活用した空き家の分布把握手法に関する研究(その3)-」, 日本建築学会計画系論文集, 86(786).
  7. Tomohito Honda and Iichiro Uesugi, “COVID-19 and Precautionary Corporate Cash Holdings: Evidence from Japan,” Covid Economics, 68, pp. 172-204, February 2021.

植杉威一郎「不動産と企業金融との連関に係る研究とデータの重要性」『日本不動産学会誌』 33巻4号1-5頁, 2020年.

C. 論説等

  1. Baba, H., H. Nishi, A. M. Seetharamapura, C, Shimizu(2020), “Dynamic Hedonic Analysis Using Time-Varying Coefficients: Application to Dubaiʼs Housing Market” CSIS Discussion Paper, No.170, The University of Tokyo.
  2. McMillen, D and C.Shimizu (2020), Decompositions of Spatially Varying Quantile Distribution Estimates: The Rise and Fall of Tokyo House Prices”, CSIS Discussion Paper, No.164, The University of Tokyo.
  3. 清水千弘・馬場弘樹・川除隆広・松縄暢(2020),「Walkabilityと不動産価値: Walkability Indexの開発」CSIS Discussion Paper, No.163, The University of Tokyo.
  4. 清水千弘(2020), 「不動産市場分析のデータ資源」日本不動産学会誌, No.131, 58-63.
  5. 清水千弘(2020), 「不動産情報整備の意義と課題」土地総合研究, 28(2), 3-15.
  6. 柴崎亮介・清水千弘(2020), 「不動産研究におけるデータ資源」にあたって」日本不動産学会誌,131, 55-57.
  7. 植杉威一郎(2020)「不動産と企業金融との連関に係る研究とデータの重要性」『日本不動産学会誌』 131, 1-5.
  8. 鈴木雅智 (2020)「住宅市場における情報整備の展開」,土地総合研究, 28(2), 16-22.
  9. 鈴木雅智 (2020)「住宅購入に係る家計行動分析:データ資源の現状と課題」,日本不動産学会誌,131, 88-92.
  10. 馬場弘樹・仙石裕明・清水千弘(2020),「民間マイクロデータを用いた分譲マンションデータベースの構築とその立地的傾向」CSIS Discussion paper, No.161, The University of Tokyo.
  11. 秋山祐樹(2020),「自治体データ・民間データを活用した空き家分布推定手法の開発」, 土地総合研究, 28(2), 35-49.
  12. Arito Ono, Hirofumi Uchida, Gregory F. Udell, and Iichiro Uesugi, “Lending Pro-Cyclicality and Macro-Prudential Policy: Evidence from Japanese LTV Ratios,” Journal of Financial Stability, 100819, April 2021. https://doi.org/10.1016/j.jfs.2020.100819

D. 学術書籍

1.        清水千弘編著(2020), 『不動産テック』, 朝倉書店.( ISBN :9784254275872)

2.        Erwin Diewert, Kiyohiko Nishimura, Chihiro Shimizu, Tsutomu Watanabe(2020), Property Price Indexes, Springer.(Advances in Japanese Business and Economics Series).(ISBN: 978-4-431-55942-9)

E. 新聞論説

  1. 清水千弘(2020), 「世界的な不動産バブル:同国籍の取引、価格押上げ」日本経済新聞・経済教室(2020.9.3).

2. 学会・国際会議・研究会報告

国際学会・招待講演

  1. Chihiro Shimizu, 9/23, 2020, Zero-Build Forum’2020, International Opening session, Keynote speech. (Istanbul, turkey) Presentation Title: What is the Economic Value of Green?”.

学会報告等

  • 鈴木雅智・浅見泰司,「Shrinking housing market, long-term vacancy, and withdrawal from housing market」,『住宅経済研究会』, オンライン開催, 2020年10月.
  • 鈴木雅智・新井優太,「物件レベルの資料請求量を用いた住宅市場の需給バランスの測定:首都圏中古戸建て住宅を対象に」,『日本都市計画学会学術研究発表会』, オンライン開催, 2020年11月.
  • 鈴木雅智・清水千弘,「物件レベルの資料請求量を用いた首都圏中古マンション市場の需給バランスの測定」,『CSIS DAYS 2020:全国共同利用研究発表大会』, オンライン開催, 2020年11月.
  • 鈴木雅智,「不動産金融市場における不動産テック」,『第11回不動産テック研究会』, オンライン開催, 2021年3月.
  • 鈴木雅智・清水千弘,「Disposable goods nature of housing: Long-run technological change in housing equipment and limited update through renovation」,『2020年度「住宅市場における世代間・地域間ミスマッチの解明:パネルデータによる経済分析」ZOOM ワークショップ』, オンライン開催, 2021年3月.
  • 秋山祐樹・飯塚浩太郎・谷内田修・杉田暁(2020), 「ドローンにより収集した熱赤外画像と可視光画像を用いた建物単位の空き家推定手法の研究」, 『CSIS DAYS 2020:全国共同利用研究発表大会』, オンライン開催, 2020年11月.
  • 秋山祐樹・飯塚浩太郎・谷内田修・杉田暁(2020),「ドローンにより収集した熱赤外画像と可視画像を用いた空き家分布推定手法の研究」,『地理情報システム学会第29回学術研究発表大会』, オンライン開催, 2020年10月.