Chihiro SHIMIZU  清水千弘 本文へジャンプ
研究プロジェクト:物価・資産価格の測定

なぜ、今、物価資産価格なのか?

戦後日本経済の最大の転換期となった不動産バブル期には、不動産価格が大きく変動したにもかかわらず、物価は安定的という不可解な事象が確認された。この「動かぬ物価」が原因となって、不動産バブルへの政策的な対応が遅れ、その後の日本経済の長期的な停滞の一因となったことが、近年の研究で指摘されている。本研究プロジェクトは、その事象の原因を、「政府が公表する物価指数は、現実の社会を正しく写像できていなかったのではないか」という仮説に求め、研究を進める。具体的には、経済理論・指数理論に空間概念を組み入れ、①この課題を克服した新しい物価・不動産価格の説明が可能なモデルを構築し、②官民に蓄積された大規模ミクロデータを用いて、構築したモデルを機械学習の技術による「再現性」と「予測可能性」から検証・精査する。そして、構築されたモデルに基づき、③新しい物価指数および不動産価格指数を開発し、広く社会に発信する。

公開参加型研究推進

本研究プロジェクトは、公開参加型で実施する。具体的には、研究論文が完成する前から、研究の仮説・分析結果だけでなく、データや推計プログラムなどを広く公開し、できるだけ多くの研究者に参加を求める。また、研究成果は、途中段階でも、研究者向けには公開ワークショップとして、政策立案機関等むけに「公開シンポジウム」として頻度よく開催し、第一線で活躍する国内外の研究者・政策立案関係者も招聘しながら、研究を推進していく。また、コラムも発信していく。シンポジウム・コラムは、中高生でも理解できるように発信する。
研究チームで議論した結果、従来型の論文が公刊されてから情報公開する方式では、時間がかかるだけでなく、生産的でないと判断した。また、時間切れになってしまう可能性も出て来た。社会全体で研究が進化していくことを目指すこととする。公開研究会を連続的に開催するので、積極的に参加していただきたい。

研究成果の公開:研究データ・プログラム
研究2024-01.
Diewert, E, K. Nomura and C. Shimizu (2024), “Improving the SNA: Alternative Measures of Output, Input, Income and Productivity for China”. Review of Income and Wealth, online,
研究データ・推計プログラム:
新井優太・清水千弘(2024),「マクロデータを用いた計量経済学的接近法-生産性測定を題材として-」TCER Working Pape, J27(2024).(132 pages).
研究2024-02.
Diewert, E and C. Shimizu (2024), “Product Churn and Quality AdjustmentI”. (TCER WorkingPaper Series, E-197.(49 pages).
研究データ・推計プログラム:
新井優太・清水千弘(2024),「マイクロデータを用いた計量経済学的接近法-ヘドニック法を用いた品質調整問題を題材として-」TCER Working Paper(2024)

研究成果の公開:公開ワークショップ(研究者向け)・シンポジウム(国内一般)

2025

IARIW Special Conference 2025:International Association for Research in Income and Wealth.

期日:2025年3月25-27

場所: 東京都港区六本木5‐11‐16 公益財団法人 国際文化会館

*IARIWは、戦後グズネッツらによって設立された経済測定に関する世界最大の学会です。2023年10月のIARIW理事会で、人口動態と生産性・物価・資産価格の測定といった本研究プロジェクト「Population Ageing: Implications for Economic Measurement and Economic Performance」を共通課題として、政府機関ではなく、一橋大学を主催機関として、特別会議を東京で開催することが決定されました。私たちの設定した研究課題を世界中の研究者を招聘し、研究成果を報告するとともに、議論を深めます。

2024


8th HOSPITALITY FINANCE&ECONOMICS CONFERENCE: Hitotsubashi U-NUS(Singapore)-EHL(Switzerland) joint COnference.

期日:2024年7月5-6

場所: 東京都港区六本木5‐11‐16 公益財団法人 国際文化会館


不動産金融フォーラム第16回:「中央銀行と海外投資家から見た日本の不動産投資」

期日:2024年3月28日 16:00-19:00

場所: 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学伊藤記念ホール


次世代まちづくりスクール公開講座:地方創生の希望格差
寛容と幸福の地方論Part3

期日:2024年3月2日 14:00-15:30 

場所: オンライン:


一橋大学アカデミア2024:一橋大学創立150周年記念事業 令和5年度一橋大学アカデミア「不動産バブルと金融危機:縮退する日本と成長を続ける中国」

期日:2024年2月17日 13:30-16:40

場所: 大阪市北区大淀中1-1-88 梅田スカイビル

*一橋大学アカデミアとして、本研究課題の「資産価格」について、研究成果を広く地域社会に還元するとともに、官民の専門家も含めて議論を深めます。

Hitotsubashi-PAPSI, The University of Wisconsin-Madison joint Workshop on Finance

期日:2024年2月5日 10:00-17:00

場所: 東京都国立市中2-1 一橋大学東キャンパス第三研究館3F 307会議室


Hitotsubashi Workshop on Economic Measurement: Property Market: Jointly with U-Graz U(Austria)-U Amsterdam (Netherlands).

期日:2024年1月18日 13:30-17:00

場所: 東京都国立市中2-1 一橋大学東キャンパス第三研究館3F 308会議室



研究の出発点:

本研究プロジェクトでは、日本の国土をできる限り詳細な粒度に分解し、消費動向や資産の蓄積とその市場価値を測定していくことを目指す。研究の出発点として、従来の物価・資産価格の中で、空間特性とその変化についての考慮が欠如することで、統計に歪みが生まれているという点に注目した。

コラム
研究成果をわかりやすくコラムとして紹介していきます。
2023.12.25 京都大学経済研究所 森知也氏のコラム

http://www.mori.kier.kyoto-u.ac.jp/data/forecast/fig_pop-dist_with_ua_intermediate_min-pop_100_1970.html

http://www.mori.kier.kyoto-u.ac.jp/data/forecast/fig_pop-dist_with_ua_intermediate_min-pop_100_2020.html

http://www.mori.kier.kyoto-u.ac.jp/data/forecast/fig_pop-dist_with_ua_intermediate_min-pop_100_2070.html

http://www.mori.kier.kyoto-u.ac.jp/data/forecast/fig_pop-dist_with_ua_intermediate_min-pop_100_2120.html

http://www.mori.kier.kyoto-u.ac.jp/data/forecast/fig_pop-dist_with_ua_intermediate_min-pop_100_2170.html


過去の研究活動:
ワークショップ


2023

Hitotsubashi Workshop on Economic Measurement Group

期日:2023年10月25

場所: 東京都港区六本木5‐11‐16 公益財団法人 国際文化会館


Hitotsubashi Research Seminar on Economic Measurement

期日:2023年10月23

場所: 東京都国立市中2-1 一橋大学東キャンパス第三研究館3F 307会議室


Hitotsubashi Workshop on Economic Measurement:
Macro Economics and Real Estate Market

期日:2023年10月19

場所: 東京都国立市中2-1 一橋大学東キャンパス第三研究館3F 307会議室


物価資産価格のダイナミクス_大規模ミクロデータによる解明

期日:2023年9月5

場所: 東京都国立市中2-1 一橋大学東キャンパス第三研究館3F 307会議室


Workshop on Sustainable Property Markets: SDS-Hitotsubashi University | CRERC University of Cambridge
|IREUS Reataku University

期日:2023年3月24、31

場所: 東京都国立市中2-1 一橋大学東キャンパス第三研究館3F 307会議室



日本の物価・資産価格

期日:2023年3月4

場 所: 東京大学経済学研究科棟 地下1階 第1教室
アクセス:https://www.e.u-tokyo.ac.jp/fservice/address/map-j.html



研究チームの研究成果:2020-2023

研究チーム

清水千弘SHIMIZU, Chihiro

一橋大学大学院ソーシャル・データサイエンス研究科 教授, 不動産経済学,指数理論,ビッグデータ解析

植杉威一郎Iichiro, UESUGI

一橋大学経済研究所 教授, 企業金融,中小企業,日本経済,金融市場

阿部修人ABE, Naohito

一橋大学経済研究所 教授, マクロ経済学,指数理論,応用ミクロ計量経済学

井上智夫, INOUE, Tomoo

成蹊大学経済学部 教授,  計量経済学,マクロ経済学

宮川大介MIYAKAWA, Daisuke

早稲田大学大学院商学研究科 教授, 金融仲介,企業金融,企業ダイナミクス,資産価格

北村周平KITAMURA, Shuhei

大阪大学国際公共政策研究科・講師, 経済発展論,政治経済学,実験経済学

秋山祐樹AKIYAMA, Yuki

東京都市大学建築都市デザイン学部・大学院総合理工学研究科 准教授,空間解析

馬場弘樹BABA, Hiroki

一橋大学大学院ソーシャル・データサイエンス研究科 特任准教授, 都市解析,都市デザイン学

鈴木雅智SUZUKI, Masatomo

横浜市立大学データサイエンス学部 准教授

才田友美SAITA, Yumi

関西学院大学商学部 助教, マクロ経済学,金融政策

吉田二郎YOSHIDA, Jiro

ペンシルベニア州立大学ビジネススクール(米国)教授, ファイナンス,マクロ経済学,不動産経済学

森政貴MORI, Masaki

EHL Hospitality Business & Hotel Management School.(スイス) 准教授, 不動産ファイナンス

平野智裕HIRANO, Tomohiro

ロンドン大学,Royal Holloway(英国) 准教授, マクロ経済学,資産理論


2023年度研究成果:

Ⅰ. 査読付き論文 4

1.       Kim, H., H. Baba, C. Shimizu and K. Hino (2023), “The relationship of single-family detached house prices with neighborhood walkability and disaster risk”, ProsOne, Forthcoming.

2.       Suzuki,M and C.Shimizu (2023), “Relationship between market share and rent level: Understanding supply structure in the Japanese private rental housing market,” International Journal of Housing Market and Analysis, forthcoming.

3.       Nakagawa, M and C.Shimizu (2023), “Aging city and house prices: Impact of Aging Condominium Stock on the Housing Market in the Tokyo-,” International Real Estate Review, forthcoming.

4.       Higo,M., Y. Saita, C. Shimizu, and Y. Tachi (2023), “Constructing a Building Price Index Using Big Data from the Administrative Sector--A Method for Estimating an Output-type Building Price Index Using Individual Data from the Statistics of Building Starts,” Journal of Official Statistics, 39(2), 229-251.

 

Ⅱ. 論説等: Non Peer-Reviewed Papers 7

1.       清水千弘(2023), 「高層建築物の価格形成メカニズム」2023日本建築学会全国大会梗概集.

2.       アーウィン・ディワート・清水千弘(2023), 「不動産算出価格と国民経済計算-不動産価格指数の整備がGDP推計に与える貢献-」経済分析(内閣府経済社会総合研究所), 207, pp.145-170.

3.       ロバート・J・ヒル、ミリアム・スタイラー、清水 千弘(2023), 「国民経済計算における帰属家賃の測定-用途、アプローチ、および問題点-」経済分析(内閣府経済社会総合研究所), 207,pp.171-190.

4.       清水千弘・大西順一郎(2023), 「不動産市場のグリーン価値-リニューアルを考慮した東京オフィスビルのグリーン・プレミアムの推定-」経済分析(内閣府経済社会総合研究所), 206, 74-93.

5.       鈴木正智・川井康平・清水千弘(2023), 「東京圏の民間賃貸住宅市場における入居審査と家賃滞納」,季刊住宅土地経済.No.129, (2023年夏号), pp27-35.

6.       清水千弘(2023), 「人口動態、不動産価格とクレジット・サイクル」ARES不動産証券化ジャーナル(一般社団法人 不動産証券化協会), Vol.71, 20-27.

7.       Kawano, Y., A. Schouten and C. Shimizu (2023), “New Spaces and New Places: The Growth and Spatial Expansion of Flexible Offices in the Tokyo Metropolitan Area”, CSIS Discussion Paper (The University of Tokyo) No.180.

 

Ⅲ. 書籍: Books 1

 

1.       渡辺努・清水千弘編著(2023),『日本の物価・資産価格: 価格ダイナミクスの解明』東京大学出版会.

 

Ⅳ. 学会報告: Presentations  4(国際 4回、国内 0)

1.       6/8,2023, United Nations Economic Commission, Meeting of the Group of Experts on Consumer Price Indices,2023(Geneva, Switzerland), Presentation Title: Quality Adjustment Methods in CPI for Digital appliances.

2.       7/19, 2023, 64th ISI World Statistics Congress - Ottawa, Canada, Presentation Title: Estimation method for commercial property price indexes considering buyer/seller characteristics.

3.       6/26,2023, The 7th Hospitality Finance & Economics Conference(EHL and National University of Singapore), Singapore, Presentation Title: Aging and Housing Prices: Analysis Based on Panel Data from 17 Countries Over a Half-Century.

4.       6/12,2023, North American Productivity Workshop 2023(NAPW), Miami, US, Presentation Title: Estimating Flexible Functional Forms Using Macroeconomic Data.


2022年度研究成果:

 

Ⅰ. 査読付き論文 24(英文18本、和文6)

 

1.  Miyakawa,D., C.Shimizu and I.Uesugi. (2022), “Geography and Realty Prices: Evidence from International Transaction-Level Data,” Journal of Real Estate Finance and Economics, http://dx.doi.org/10.1007/s11146-022-09937-6.

2.  Suzuki,M., K. Kawai and C. Shimizu (2022), “Discrimination against the atypical type of tenants in the Tokyo private rental housing market: Evidence from moving-in inspection and rent arrear records”, Journal of Housing Economics, https://doi.org/10.1016/j.jhe.2022.101879.

3.  Diewert, E and C. Shimizu (2022) , “Residential Property Price Indexes: Spatial Coordinates versus Neighbourhood Dummy Variables” Review of Income and Wealth, 68(3), 770-796. https://doi.org/10.1111/roiw.12534

4.  Kim,H., and C.Shimizu (2022), “The relationship between geographic accessibility to neighborhood” Sustainability, 14(17), 10588; https://doi.org/10.3390/su141710588.

5.  Nishi, H., Y.Asami and H.Baba and C.Shimizu (2022), “Scalable spatiotemporal regression model based on Moran’s eigenvectors” International Journal of Geographical Information Science, https://doi.org/10.1080/13658816.2022.2100891.

6.  Baba, H and C.Shimizu (2022), “The impact of apartment vacancies on nearby housing rents over multiple time periods: Application of smart meter data”, International Journal of Housing Market and Analysis, https://doi.org/10.1108/IJHMA-03-2022-0035, online.

7.  Suzuki,M and C.Shimizu (2022), “Using property-level inquiry volume to quantify demand–supply balance for existing houses: The case of the resale condominium market in Tokyo”, International Journal of Housing Market and Analysis, https://doi.org/10.1108/IJHMA-01-2022-0018. online.

8.  Suzuki, M., S. E.Ong, Y. Asami and C. Shimizu (2022). “Long-Run Renewal of REIT Property Portfolio Through Strategic Divestment,” Journal of Real Estate Finance and Economics, doi: 10.1007/s11146-022-09895-z, online.

9.  Hino, K., H. Baba, H. Kim and C. Shimizu(2022), “Validation of a Japanese walkability index using large-scale step count data of Yokohama citizens”, Cities, 123, https://doi.org/10.1016/j.cities.2022.103614.

10.               Hill,R., M. Scholz, C. Shimizu and M. Steurer (2022) , “Rolling-Time-Dummy House Price Indexes: Window Length, Linking and Options for Dealing with Low Transaction Volume”, Journal of Official Statistics,38(1), 127-151. Special Issue on Price Indices in Official Statistics – New Developments.

11.     Okada, K., Nishiyama, N., Akiyama, Y., Miyazaki, H. and Miyazawa, S.,(2022), “Development of Detailed Building Distribution Map to Support Smart City Promotion -An Approach Using Satellite Image and Deep Learning”, ISPRS Ann. Photogramm. Remote Sens. Spatial Inf. Sci., X-4/W3-2022, 189–196, https://doi.org/10.5194/isprs-annals-X-4-W3-2022-189-2022.

12.     Suzuki, M., J. Mori, T. N. Maeda, and J. Ikeda (2023), “The economic value of urban landscapes in a suburban city of Tokyo, Japan: A semantic segmentation approach using Google Street View images,” Journal of Asian Architecture and Building Engineering, forthcoming. https://doi.org/10.1080/13467581.2022.2070492.

13.     Suzuki, M., K. Hino, and S. Muto (2022), “Negative externalities of long-term vacant homes: Evidence from Japan,” Journal of Housing Economics, 57, 101856. https://doi.org/10.1016/j.jhe.2022.101856

14.     Suzuki, M., and A. Shibata (2022), “The economic premium of housing certificates aimed at promoting long-life property and transaction of existing housing in Japan,” Journal of Cleaner Production, 366, 132935. https://doi.org/10.1016/j.jclepro.2022.132935

15.     Suzuki, M., and Y. Asami (2022), “The rapid economic depreciation at an early stage of building life among Japanese detached houses,” Habitat International, 126, 102600. https://doi.org/10.1016/j.habitatint.2022.102600.

16.     Sayuda, K., E. Hong, Y. Akiyama, H. Baba, T. Tokudomi, and T. Akatani (2022), “ Accuracy of vacant housing detection models: an empirical evaluation using municipal and national census datasets”, Transactions in GIS, doi: 10.1111/tgis.12992.

17.     Baba, H., A. Ruiz-Varona and Y. Asami (2022), “Policies and Tax Systems for Regulating Vacant Houses: A Case Study on Spain and Japan”, Urban and Regional Planning Review, 9, 153-166.

18.     Abe,N and D.S. Prasada Rao (2022), “The fixed basket multilateral Walsh index for international price and real expenditure comparisons”, Economics Letters, 220, 110857,ISSN 0165-1765, https://doi.org/10.1016/j.econlet.2022.110857.

19.     馬塲弘樹,清水千弘. (2022),「売り手と買い手の属性に着目した低額売買物件の土地・立地傾向」都市計画論文集,57(3), 792-799. https://doi.org/10.11361/journalcpij.57.792

20.     馬塲弘樹, 秋山祐樹, 清水千弘. (2022), 「スマートメータを利用した空き家期間と地域特性との関係分析群馬県前橋市を対象として」 GIS-理論と応用(一般社団法人 地理情報システム学会), 30(1), 30-39.

21.     鈴木雅智, 浅見泰司. (2022),「空き家の建物部分に係る機会費用の推計:建物の減価と滅失の遅れの視点から」日本不動産学会誌, 36(3), 90-97.

22.     鈴木雅智, 武藤祥郎, 浅見泰司, 柳川範之. (2022),「条件不利物件における売出価格設定上の課題と住宅市場からの撤退の可能性:不動産ポータルサイト掲載物件データ・成約物件データを用いた価格設定・物件特性の比較分析」都市計画論文集, 57(2), 329-336. https://doi.org/10.11361/journalcpij.57.329

23.     鈴木雅智, 武藤祥郎. (2022),COVID-19パンデミックによる既存住宅取引量の傾向変化:東京圏における所有権移転登記データを用いた分析」都市計画論文集, 57(2), 320-328. https://doi.org/10.11361/journalcpij.57.320

24.     秋山祐樹(2022),「地理空間ビッグデータを活用した新型コロナウイルス感染症による地域経済への影響の時系列分析」,経済地理学年報,68247269.

 

 

Ⅱ. 論説等: Non Peer-Reviewed Papers 24

 

1.     清水千弘・大西順一郎(2023), 「不動産市場のグリーン価値-リニューアルを考慮した東京オフィスビルのグリーン・プレミアムの推定-」経済分析(内閣府経済社会総合研究所), 206, 74-93.

2.     宮川大介(2023), 「クロスボーダー不動産投資と不動産価格」ARES不動産証券化ジャーナル(一般社団法人 不動産証券化協会), Vol.72, 30-37.

3.     清水千弘(2023), 「人口動態、不動産価格とクレジット・サイクル」ARES不動産証券化ジャーナル(一般社団法人 不動産証券化協会), Vol.71, 20-27.

4.     清水千弘(2022), 「不動産・建築価格指数:国際指針の概要と論点」月刊 統計(一般財団法人 日本統計協会),第7310, 6-14.

5.     清水千弘(2022), 「高度不動産専門人材と地域未来創造」RETIO不動産政策研究(一般財団法人 不動産適正取引推進機構), 125, 1-8.

6.     清水千弘(2022),「ロックダウンは不動産市場と都市に何をもたらすのか?」日本不動産学会誌(公益社団法人 日本不動産学会),139, 27-32.

7.     清水千弘(2022), 「次世代の街づくり人材の条件」新都市(公益財団法人 日本都市計画協会),766, 58-61.

8.     清水千弘(2022),「選ばれる都市」計画行政(一般社団法人 日本計画行政学会),453, 21-25.

9.     清水千弘(2022),「不動産市場の進化」証券アナリストジャーナル(公益財団法人 日本証券アナリスト協会)60巻第7(20227月号), 42-50.

10.   清水千弘(2022),「不動産流通市場の進化:電子取引は市場に何をもたらすのか?FRKコミュニケーション(一般社団法人 不動産流通経営協会), 20227月号, 10-14.

11.   清水千弘(2022),「都市研究とデータサイエンス:都市の魅力と不動産市場の消滅」都市問題, (公益財団法人 後藤・安田記念東京都市研究所), 1138月号, 2-14.

12.   清水千弘(2022),「地域の魅力の測定方法とその課題-Walkability Index・再考-CSIS Discussion Paper (The University of Tokyo,東京大学), No.175.(26)

13.   清水千弘(2022), 「不動産・建築価格指数:国際指針の概要と論点」統計(一般財団法人 日本統計協会)202210月号, 6-14.

14.   清水千弘(2022),「人口動態,住宅価格とクレジット・サイクル」資産評価政策学,45(資産評価政策学会), 7-14.

15.   清水千弘(2023), 「人口動態、不動産価格とクレジット・サイクル」ARES不動産証券化ジャーナル(一般社団法人 不動産証券化協会), Vol.71, 20-27.

16.   鈴木雅智, 樋野公宏, 武藤祥郎 (2023),「長期空き家の負の外部性:東京圏の人口減少都市における検証」季刊住宅土地経済, 127, 26-35.

17.   武藤祥郎, 鈴木雅智 (2022),「広告掲載価格と成約価格の乖離について:我が国の住宅価格形成における検証」季刊住宅土地経済, 125, 20-27.

18.   鈴木雅智 (2023),「ストリートビュー画像を用いた景観の指標化:不動産価値評価への活用可能性」季刊不動産研究, 65(1), 14-22.

19.   鈴木雅智 (2022),「長寿命化・中古流通促進に係る住宅認証が成約価格に与える影響」季報住宅金融, 63, 11-13.

20.   鈴木雅智 (2022),「不動産投資信託(REIT)における長期的視野での物件売却:J-REIT市場の物件レベルパネルデータを用いた分析」ARES不動産証券化ジャーナル, 68, 30-38.

21.   秋山祐樹,空間情報を活用した自治体のプランニング~自治体におけるDXによるEBPM実現に向けた取り組み~, 都市計画, 71(3), 84-87, 2022.

22.   秋山千亜紀・秋山祐樹,マイクロジオデータを活用した都市化の時系列分析, ESTRELA, 343, 15-21, 2022.

23.   Takeda, N., Furuya, T. and Akiyama, Y., Development of Estimation Method for Building Structure Using Open Data and Statistics, IGARSS 2022 Proceedings, #3937, 2022.

24.   Tomita, K., Akiyama, Y., Baba, H. and Yachida, O., Estimating the Spatial Distribution of Vacant Houses with Machine Learning Using Municipal Data, IGARSS 2022 Proceedings, #3960, 2022.

 

 

Ⅲ. 書籍: Books 0

なし

  

Ⅳ. 学会報告: Presentations  18(国際 8回、国内 10)

 

1.     10/12,2022, 7th World KLEMS Growth and Productivity Accounting Conference, Manchester, UK, Presentation Title: Alternative Measures for Chinese Productivity Growth.

2.     8/26,2022, IARIW 37th General Conference, STATEC, the national statistical office of Luxembourg, Presentation Title: Aging and Housing Prices.

3.     8/14,2022, Society for Economic Measurement, (University of Calgary, Calgary), Pentation Title: Constructing a Building Price Index Using Big Data from the Administrative Sector.

4.     6/9, 2022, Ottawa Group Meeting (United Nations Statistical Division)2022(Italian National Institute of Statistics). Presentation Title: Measuring the Services of Durables and Owner Occupied Housing.

5.     Suzuki, M., Hino, K., Muto, S., “Disamenity externalities of long-term vacant houses in a society without frequent foreclosures: the case of a depopulating city in the Tokyo metropolitan area,” Asian Real Estate Society - American Real Estate and Urban Economics Association Joint Conference, Tokyo, Japan, August 2022.

6.     19/10,2023, Hitotsubashi Workshop on Economic Measurement, Presentation Title: Constructing

Building Price Index Using Administrative Data - A Method for Estimating an Output-type Building Price Index Using Individual Data from the Statistics on Building Starts –

7.     7/17, 2022, IGARSS 2022, Presentation Title: Estimating the spatial distribution of vacant houses with machine learning using municipal data.

8.     6/23, 2022, Association of Digital Humanities and Data Science 1st Colloquium, Presentation Title: Building real estate database and its application to urban studies.

9.     16/7/2022, Monetary Economic Workshop, 発表タイトル行政記録情報を用いた建築物価指数の作成

10.   12/3, 2022, 日本都市計画学会2022年度全国大会, 発表タイトル: 売り手と買い手の属性に着目した低額売買物件の土地・立地傾向.

11.   6/4, 2022, 65回土木計画学研究発表会・春大会, 発表タイトル: 自治体保有データ用いた機械学習による空き家の分布推定手法.

12.   6/17, 2022, KS-09「住みたい街ランキング」を再考する, 2022年度 人工知能学会全国大会(第36回), 発表タイトル: 地理情報から住みよいまちを考える: Walkability indexの開発と賃貸住宅との関係.

13.   10/29, 2022, 31回地理情報システム学会研究発表大会, 発表タイトル: スマートメータを利用した空き家期間と地域特性との関係分析.

14.   10/30, 2022, 31回地理情報システム学会研究発表大会, 発表タイトル: 所有権移転の把握に向けた階層的マンションデータベースの構築.

15.   11/19, 2022, CSIS DAYS 2022 特別セッション, 発表タイトル: スマートメータからみた空き家の立地と地域特性との関連.

16.   鈴木雅智・川井康平・清水千弘,Discrimination against the atypical type of tenants in the Tokyo private rental housing market: Evidence from moving-in inspection and rent arrear records,『住宅経済研究会』, オンライン開催, 20231.

17.   鈴木雅智・清水千弘,「賃貸住宅市場における市場シェアと家賃の関係」,『応用地域学会 36回研究発表大会』, 山梨大学, 202212.

18.   鈴木雅智・樋野公宏・武藤祥郎,Negative externalities of long-term vacant homes: Evidence from Japan,『住宅経済研究会』, オンライン開催, 202210.


2021年度研究成果:

Ⅰ. 査読付き論文 24(英文18本、和文6)

1.  Miyakawa,D., C.Shimizu and I.Uesugi. (2022), “Geography and Realty Prices: Evidence from International Transaction-Level Data,” Journal of Real Estate Finance and Economics, http://dx.doi.org/10.1007/s11146-022-09937-6.

2.  Suzuki,M., K. Kawai and C. Shimizu (2022), “Discrimination against the atypical type of tenants in the Tokyo private rental housing market: Evidence from moving-in inspection and rent arrear records”, Journal of Housing Economics, https://doi.org/10.1016/j.jhe.2022.101879.

3.  Diewert, E and C. Shimizu (2022) , “Residential Property Price Indexes: Spatial Coordinates versus Neighbourhood Dummy Variables” Review of Income and Wealth, 68(3), 770-796. https://doi.org/10.1111/roiw.12534

4.  Kim,H., and C.Shimizu (2022), “The relationship between geographic accessibility to neighborhood” Sustainability, 14(17), 10588; https://doi.org/10.3390/su141710588.

5.  Nishi, H., Y.Asami and H.Baba and C.Shimizu (2022), “Scalable spatiotemporal regression model based on Moran’s eigenvectors” International Journal of Geographical Information Science, https://doi.org/10.1080/13658816.2022.2100891.

6.  Baba, H and C.Shimizu (2022), “The impact of apartment vacancies on nearby housing rents over multiple time periods: Application of smart meter data”, International Journal of Housing Market and Analysis, https://doi.org/10.1108/IJHMA-03-2022-0035, online.

7.  Suzuki,M and C.Shimizu (2022), “Using property-level inquiry volume to quantify demand–supply balance for existing houses: The case of the resale condominium market in Tokyo”, International Journal of Housing Market and Analysis, https://doi.org/10.1108/IJHMA-01-2022-0018. online.

8.  Suzuki, M., S. E.Ong, Y. Asami and C. Shimizu (2022). “Long-Run Renewal of REIT Property Portfolio Through Strategic Divestment,” Journal of Real Estate Finance and Economics, doi: 10.1007/s11146-022-09895-z, online.

9.  Hino, K., H. Baba, H. Kim and C. Shimizu(2022), “Validation of a Japanese walkability index using large-scale step count data of Yokohama citizens”, Cities, 123, https://doi.org/10.1016/j.cities.2022.103614.

10.               Hill,R., M. Scholz, C. Shimizu and M. Steurer (2022) , “Rolling-Time-Dummy House Price Indexes: Window Length, Linking and Options for Dealing with Low Transaction Volume”, Journal of Official Statistics,38(1), 127-151. Special Issue on Price Indices in Official Statistics – New Developments.

11.     Okada, K., Nishiyama, N., Akiyama, Y., Miyazaki, H. and Miyazawa, S.,(2022), “Development of Detailed Building Distribution Map to Support Smart City Promotion -An Approach Using Satellite Image and Deep Learning”, ISPRS Ann. Photogramm. Remote Sens. Spatial Inf. Sci., X-4/W3-2022, 189–196, https://doi.org/10.5194/isprs-annals-X-4-W3-2022-189-2022.

12.     Suzuki, M., J. Mori, T. N. Maeda, and J. Ikeda (2023), “The economic value of urban landscapes in a suburban city of Tokyo, Japan: A semantic segmentation approach using Google Street View images,” Journal of Asian Architecture and Building Engineering, forthcoming. https://doi.org/10.1080/13467581.2022.2070492.

13.     Suzuki, M., K. Hino, and S. Muto (2022), “Negative externalities of long-term vacant homes: Evidence from Japan,” Journal of Housing Economics, 57, 101856. https://doi.org/10.1016/j.jhe.2022.101856

14.     Suzuki, M., and A. Shibata (2022), “The economic premium of housing certificates aimed at promoting long-life property and transaction of existing housing in Japan,” Journal of Cleaner Production, 366, 132935. https://doi.org/10.1016/j.jclepro.2022.132935

15.     Suzuki, M., and Y. Asami (2022), “The rapid economic depreciation at an early stage of building life among Japanese detached houses,” Habitat International, 126, 102600. https://doi.org/10.1016/j.habitatint.2022.102600.

16.     Sayuda, K., E. Hong, Y. Akiyama, H. Baba, T. Tokudomi, and T. Akatani (2022), “ Accuracy of vacant housing detection models: an empirical evaluation using municipal and national census datasets”, Transactions in GIS, doi: 10.1111/tgis.12992.

17.     Baba, H., A. Ruiz-Varona and Y. Asami (2022), “Policies and Tax Systems for Regulating Vacant Houses: A Case Study on Spain and Japan”, Urban and Regional Planning Review, 9, 153-166.

18.     Abe,N and D.S. Prasada Rao (2022), “The fixed basket multilateral Walsh index for international price and real expenditure comparisons”, Economics Letters, 220, 110857,ISSN 0165-1765, https://doi.org/10.1016/j.econlet.2022.110857.

19.     馬塲弘樹,清水千弘. (2022),「売り手と買い手の属性に着目した低額売買物件の土地・立地傾向」都市計画論文集,57(3), 792-799. https://doi.org/10.11361/journalcpij.57.792

20.     馬塲弘樹, 秋山祐樹, 清水千弘. (2022), 「スマートメータを利用した空き家期間と地域特性との関係分析群馬県前橋市を対象として」 GIS-理論と応用(一般社団法人 地理情報システム学会), 30(1), 30-39.

21.     鈴木雅智, 浅見泰司. (2022),「空き家の建物部分に係る機会費用の推計:建物の減価と滅失の遅れの視点から」日本不動産学会誌, 36(3), 90-97.

22.     鈴木雅智, 武藤祥郎, 浅見泰司, 柳川範之. (2022),「条件不利物件における売出価格設定上の課題と住宅市場からの撤退の可能性:不動産ポータルサイト掲載物件データ・成約物件データを用いた価格設定・物件特性の比較分析」都市計画論文集, 57(2), 329-336. https://doi.org/10.11361/journalcpij.57.329

23.     鈴木雅智, 武藤祥郎. (2022),COVID-19パンデミックによる既存住宅取引量の傾向変化:東京圏における所有権移転登記データを用いた分析」都市計画論文集, 57(2), 320-328. https://doi.org/10.11361/journalcpij.57.320

24.     秋山祐樹(2022),「地理空間ビッグデータを活用した新型コロナウイルス感染症による地域経済への影響の時系列分析」,経済地理学年報,68247269.

 

Ⅱ. 論説等: Non Peer-Reviewed Papers 24

1.     清水千弘・大西順一郎(2023), 「不動産市場のグリーン価値-リニューアルを考慮した東京オフィスビルのグリーン・プレミアムの推定-」経済分析(内閣府経済社会総合研究所), 206, 74-93.

2.     宮川大介(2023), 「クロスボーダー不動産投資と不動産価格」ARES不動産証券化ジャーナル(一般社団法人 不動産証券化協会), Vol.72, 30-37.

3.     清水千弘(2023), 「人口動態、不動産価格とクレジット・サイクル」ARES不動産証券化ジャーナル(一般社団法人 不動産証券化協会), Vol.71, 20-27.

4.     清水千弘(2022), 「不動産・建築価格指数:国際指針の概要と論点」月刊 統計(一般財団法人 日本統計協会),第7310, 6-14.

5.     清水千弘(2022), 「高度不動産専門人材と地域未来創造」RETIO不動産政策研究(一般財団法人 不動産適正取引推進機構), 125, 1-8.

6.     清水千弘(2022),「ロックダウンは不動産市場と都市に何をもたらすのか?」日本不動産学会誌(公益社団法人 日本不動産学会),139, 27-32.

7.     清水千弘(2022), 「次世代の街づくり人材の条件」新都市(公益財団法人 日本都市計画協会),766, 58-61.

8.     清水千弘(2022),「選ばれる都市」計画行政(一般社団法人 日本計画行政学会),453, 21-25.

9.     清水千弘(2022),「不動産市場の進化」証券アナリストジャーナル(公益財団法人 日本証券アナリスト協会)60巻第7(20227月号), 42-50.

10.   清水千弘(2022),「不動産流通市場の進化:電子取引は市場に何をもたらすのか?FRKコミュニケーション(一般社団法人 不動産流通経営協会), 20227月号, 10-14.

11.   清水千弘(2022),「都市研究とデータサイエンス:都市の魅力と不動産市場の消滅」都市問題, (公益財団法人 後藤・安田記念東京都市研究所), 1138月号, 2-14.

12.   清水千弘(2022),「地域の魅力の測定方法とその課題-Walkability Index・再考-CSIS Discussion Paper (The University of Tokyo,東京大学), No.175.(26)

13.   清水千弘(2022), 「不動産・建築価格指数:国際指針の概要と論点」統計(一般財団法人 日本統計協会)202210月号, 6-14.

14.   清水千弘(2022),「人口動態,住宅価格とクレジット・サイクル」資産評価政策学,45(資産評価政策学会), 7-14.

15.   清水千弘(2023), 「人口動態、不動産価格とクレジット・サイクル」ARES不動産証券化ジャーナル(一般社団法人 不動産証券化協会), Vol.71, 20-27.

16.   鈴木雅智, 樋野公宏, 武藤祥郎 (2023),「長期空き家の負の外部性:東京圏の人口減少都市における検証」季刊住宅土地経済, 127, 26-35.

17.   武藤祥郎, 鈴木雅智 (2022),「広告掲載価格と成約価格の乖離について:我が国の住宅価格形成における検証」季刊住宅土地経済, 125, 20-27.

18.   鈴木雅智 (2023),「ストリートビュー画像を用いた景観の指標化:不動産価値評価への活用可能性」季刊不動産研究, 65(1), 14-22.

19.   鈴木雅智 (2022),「長寿命化・中古流通促進に係る住宅認証が成約価格に与える影響」季報住宅金融, 63, 11-13.

20.   鈴木雅智 (2022),「不動産投資信託(REIT)における長期的視野での物件売却:J-REIT市場の物件レベルパネルデータを用いた分析」ARES不動産証券化ジャーナル, 68, 30-38.

21.   秋山祐樹,空間情報を活用した自治体のプランニング~自治体におけるDXによるEBPM実現に向けた取り組み~, 都市計画, 71(3), 84-87, 2022.

22.   秋山千亜紀・秋山祐樹,マイクロジオデータを活用した都市化の時系列分析, ESTRELA, 343, 15-21, 2022.

23.   Takeda, N., Furuya, T. and Akiyama, Y., Development of Estimation Method for Building Structure Using Open Data and Statistics, IGARSS 2022 Proceedings, #3937, 2022.

24.   Tomita, K., Akiyama, Y., Baba, H. and Yachida, O., Estimating the Spatial Distribution of Vacant Houses with Machine Learning Using Municipal Data, IGARSS 2022 Proceedings, #3960, 2022.

 

Ⅲ. 書籍: Books 1

清水千弘編(2022)『不動産鑑定評価の課題と展望』住宅新報社.

 

Ⅳ. 学会報告: Presentations  18(国際 8回、国内 10)

1.     10/12,2022, 7th World KLEMS Growth and Productivity Accounting Conference, Manchester, UK, Presentation Title: Alternative Measures for Chinese Productivity Growth.

2.     8/26,2022, IARIW 37th General Conference, STATEC, the national statistical office of Luxembourg, Presentation Title: Aging and Housing Prices.

3.     8/14,2022, Society for Economic Measurement, (University of Calgary, Calgary), Pentation Title: Constructing a Building Price Index Using Big Data from the Administrative Sector.

4.     6/9, 2022, Ottawa Group Meeting (United Nations Statistical Division)2022(Italian National Institute of Statistics). Presentation Title: Measuring the Services of Durables and Owner Occupied Housing.

5.     Suzuki, M., Hino, K., Muto, S., “Disamenity externalities of long-term vacant houses in a society without frequent foreclosures: the case of a depopulating city in the Tokyo metropolitan area,” Asian Real Estate Society - American Real Estate and Urban Economics Association Joint Conference, Tokyo, Japan, August 2022.

6.     19/10,2023, Hitotsubashi Workshop on Economic Measurement, Presentation Title: Constructing

Building Price Index Using Administrative Data - A Method for Estimating an Output-type Building Price Index Using Individual Data from the Statistics on Building Starts –

7.     7/17, 2022, IGARSS 2022, Presentation Title: Estimating the spatial distribution of vacant houses with machine learning using municipal data.

8.     6/23, 2022, Association of Digital Humanities and Data Science 1st Colloquium, Presentation Title: Building real estate database and its application to urban studies.

9.     16/7/2022, Monetary Economic Workshop, 発表タイトル行政記録情報を用いた建築物価指数の作成

10.   12/3, 2022, 日本都市計画学会2022年度全国大会, 発表タイトル: 売り手と買い手の属性に着目した低額売買物件の土地・立地傾向.

11.   6/4, 2022, 65回土木計画学研究発表会・春大会, 発表タイトル: 自治体保有データ用いた機械学習による空き家の分布推定手法.

12.   6/17, 2022, KS-09「住みたい街ランキング」を再考する, 2022年度 人工知能学会全国大会(第36回), 発表タイトル: 地理情報から住みよいまちを考える: Walkability indexの開発と賃貸住宅との関係.

13.   10/29, 2022, 31回地理情報システム学会研究発表大会, 発表タイトル: スマートメータを利用した空き家期間と地域特性との関係分析.

14.   10/30, 2022, 31回地理情報システム学会研究発表大会, 発表タイトル: 所有権移転の把握に向けた階層的マンションデータベースの構築.

15.   11/19, 2022, CSIS DAYS 2022 特別セッション, 発表タイトル: スマートメータからみた空き家の立地と地域特性との関連.

16.   鈴木雅智・川井康平・清水千弘,Discrimination against the atypical type of tenants in the Tokyo private rental housing market: Evidence from moving-in inspection and rent arrear records,『住宅経済研究会』, オンライン開催, 20231.

17.   鈴木雅智・清水千弘,「賃貸住宅市場における市場シェアと家賃の関係」,『応用地域学会 36回研究発表大会』, 山梨大学, 202212.

18.   鈴木雅智・樋野公宏・武藤祥郎,Negative externalities of long-term vacant homes: Evidence from Japan,『住宅経済研究会』, オンライン開催, 202210.

 

Ⅴ. 国際合同ワークショップ主催 (3)

1.     Hitotsubashi Workshop on Economic Measurement, October 19, 2022, Organizers: Naohito Abe (Hitotsubashi U.), Koji Nomura (Keio University), Chihiro Shimizu (Hitotsubashi U.), Venue: The International House of Japan, Inc.

https://www.shmzlab.jp/Workshop/221019Workshop/EMG221019.html

2.     IFRJ-Hitotsubashi University - Paris-Dauphine University, Maison franco-japonaise of Tokyo (日仏会館) Joint Seminar,  November 9th-11th, 2022, Organizers: Chihiro Shimizu (Hitotsubashi University) , Arnaud Simon(Dauphine University) and Raphaël LANGUILLON (Institut français de recherche sur le Japon).

https://www.shmzlab.jp/Workshop/221109France/Hit221109Workshop.html

3.     SDS-Hitotsubashi University | CRERC University of Cambridge, |IREUS Reataku University Joint Workshop on Sustainable Property Markets, March 24th and 31st, 2023, Organizers: Chihiro Shimizu (Hitotsubashi University) and Franz Fuerst (Cambridge University), Venue: Hitotsubashi University, Room 307, Dai 3 Kenkyu-kan,3F.

 https://www.shmzlab.jp/Workshop/230324ESG/ESG_Event2023.html

 

 

2020年度研究成果:

Ⅰ. 査読付き論文 16(英文12本、和文4)

1.       Hino, K., H. Baba, H. Kim and C. Shimizu(2022), “Validation of a Japanese walkability index using large-scale step count data of Yokohama citizens”, Cities, 123, https://doi.org/10.1016/j.cities.2022.103614

2.       Hill,R., M. Scholz, C. Shimizu and M. Steurer (2022) , “Rolling-Time-Dummy House Price Indexes: Window Length, Linking and Options for Dealing with Low Transaction Volume”, Journal of Official Statistics,38(1), 127-151. Special Issue on Price Indices in Official Statistics – New Developments. https://doi.org/10.2478/jos-2022-0007

3.       Badarinza, C., T. Ramadorai, and C.Shimizu. (2021), “Gravity, Counterparties, and Foreign Investment”, Journal of Financial Economics, https://doi.org/10.1016/j.jfineco.2021.09.011.

4.       Diewert, E and C. Shimizu (2021) , “Residential Property Price Indexes: Spatial Coordinates versus Neighbourhood Dummy Variables” Review of Income and Wealth, https://doi.org/10.1111/roiw.12534.

5.       Suzuki, M., Y. Asami, C. Shimizu (2021) “Housing rent rigidity under downward pressure: Unit-level longitudinal evidence from Tokyo”, Journal of Housing Economics, 52, 101762. https://doi.org/10.1016/j.jhe.2021.101762.

6.       Onishi, J., Y. Deng and C. Shimizu (2021), “Green Premium in the Tokyo Office Rent Market”, Sustainability, 2021, 13(21), 12227; https://doi.org/10.3390/su132112227.

7.       Nishi, H, Y.Asami and C.Shimizu (2021), “ The illusion of a Hedonic Price Function: Nonparametric Interpretable Segmentation for Hedonic Inference,” Journal of Housing Economics, online (Mar 08,2021), https://doi.org/10.1016/j.jhe.2021.101764.

8.       Hino, K., Mizutani, K., Asami, Y., Baba, H., Ishii, N. (2021), “Attitudes of parents and children toward housing inheritance in a Tokyo suburb” Journal of Asian Architecture and Building Engineering, forthcoming.

9.       鈴木雅智, 新井優太, 清水千弘(2021), COVID-19第一波前後に生じた潜在的な住宅選好の測定」都市計画論文集, 56(3), 649-656

10.    馬塲弘樹, 秋山祐樹, 清水千弘. (2022), 「スマートメータを利用した空き家期間と地域特性との関係分析群馬県前橋市を対象として」 GIS-理論と応用, 30(1), 掲載決定.

11.    秋山祐樹, 馬場弘樹, 大野佳哉, 髙岡英生. (2021), 「機械学習による空き家分布把握手法の更なる高度化」 日本建築学会計画系論文集, 86(786), 2136–2146.

12.    馬場弘樹, 秋山祐樹, 谷内田修. (2021), 「自治体保有データを活用した空き家の空間分布の将来予測モデル構築群馬県前橋市を対象として」 土木学会論文集D3(土木計画学), 77(2), 62–71.

Ⅱ. 論説等: Non Peer-Reviewed Papers 13

1.       肥後雅博・才田友美・清水千弘・舘祐太(2021), 行政部門のビッグデータを用いた建築物価指数の作成-建築着工統計の個票データによるアウトプット型建築物価指数の推計方法の提案-」総務省統計委員会担当室ワーキングペーパー 2021-WP01.

2.       鈴木純一・増成敬三・根本和郎・孕石真浩・紺野仁志・佐藤正昭・川上淳史・清水千弘(2021)「入札情報を用いたアウトプット型土木工事価格指数の作成」総務省統計委員会担当室ワーキングペーパー 2020-WP01.

3.       清水千弘(2022),「ロックダウンは不動産市場と都市に何をもたらすのか?」日本不動産学会誌,第139.

4.       清水千弘(2021),「環境配慮型社会と不動産市場グリーンビルの経済価値を取り巻く議論を例として」土地総合研究,294,24-38.

5.       清水千弘(2021),「街づくりにおける「点」開発の意義と不動産の役割」都市計画,Vol70,No.5 (352), 88-89.

6.       清水千弘(2021),「環境配慮型社会と不動産市場」日本不動産学会誌,第136, 57-61.

7.       馬塲弘樹・眞木仁・高野佳佑・清水千弘(2021),「所有権移転登記情報からみた不動産市場の流動性 -不動産流動統計を用いた分析-CSIS Discussion Paper (The University of Tokyo) No.173.

8.       清水千弘(2021),「不動産の「価格」と「価値」」資産評価政策学,43,4-10.

9.       清水勇蔵・馬塲弘樹 (2021), 「気候変動と不動産取引不動産価格に対する洪水のインパクト」 日本不動産学会誌, 35(1), 112–117.

10.    鈴木雅智・浅見泰司 (2021)「縮小都市の住宅市場:空き家期間の長期化と市場からの撤退」,『季刊住宅土地経済』, 120, 16-23.

11.    李ヨングン・新雄太・鈴木雅智・矢吹剣一・山下英和・板垣勝彦・藤岡泰寛 (2021)「空き家対策の現在:単なる『人の住んでいない家』が管理不全の『特定空き家』とならないための工夫(学術講演会報告)」,『都市住宅学』, 113, 143-152.

12.    鈴木雅智・樋野公宏・武藤祥郎 (2022)「長期空き家の外部効果の測定:神奈川県横須賀市を対象に」,RETIO不動産政策研究』, 124, 5-12.

 

Ⅳ. 学会報告: Presentations  4(国際2回、国内2)

1.       8/26,2021, IARIW 36th General Conference, Oslo, Norway, Presentation Title: Residential Property Price Indexes: Spatial Coordinates Versus Neighbourhood Dummy Variables

2.       Suzuki, M., Ong, S. E., Shimizu, C., “Disposition of Depreciating Properties by REITs,” Asian Real Estate Society - American Real Estate and Urban Economics Association Joint Conference, Online, July 2021.

3.       鈴木雅智・川井康平・清水千弘,Discrimination against the atypical type of tenants in the Tokyo private rental housing market: Evidence from moving-in inspection and rent arrear records,『応用地域学会 35回研究発表大会』, オンライン開催, 202111.

4.       鈴木雅智・新井優太・清水千弘,COVID-19第一波前後に生じた潜在的な住宅選好の測定」,『日本都市計画学会学術研究発表会』, 愛媛大学・オンライン開催, 202111.

 

 


過去のワークショップ


2022

Joint seminar IFRJ-Hitotsubashi University - Paris-Dauphine University

期日:202211月9-11

場所: 日仏会館


Hitotsubashi Workshop on Economic Measurement Group

期日:202210月19

場所: 国際文化会館


2021

 
Joint Workshop Series on Sustainable Property Markets

期日:20216月25, 28日、8月23日

場所: Online



2019

 
U-Tokyo & Wisconsin Madison Workshop on Economic Measurement and Activities Group: EMAG

期日:201912月18

場所: ザ・プリンスホテルさくらタワー


U-Tokyo & NUS Workshop on Economic Measurement and Activities Group: EMAG

期日:201912月7

場所: 東京大学不動産情報科学研究室


U-Tokyo & Hitotsubashi Workshop on Economic Measurement and Activities Group: EMAG

期日:201910月18

場所: ザ・プリンスホテルさくらタワー



2018

 

統計委員会担当室(Statistics Commission), ワークショップ「建設物価と住宅家賃のよりよい計測に向けて」Toward better measurement of construction price and housing rent

期日:20181225

場所: 中央合同庁舎第2号館8階 第1特別会議室

 

 

Hitotsubashi Workshop on Productivity, Real Estate, and Prices

期日:20181012

場所: リクルート本社ビル,グラントウキョウサウスタワー2417
*Summary

 

JSPS & Nomura Foundation Workshop, Nihon University, Workshop on Real Estate Market and Dynamics

期日:2018919

場所: 日本大学三軒茶屋キャンパス

 

日本大学 清水千弘研究室・一般社団法人 不動産協会・一般社団法人 不動産流通経営協会 共催,テクノロジーは不動産業界を進化させることができるのか?Can Technology make us happier?

期日:2018919

場所: 日本大学三軒茶屋キャンパス

 

One day RIETI Workshop on Real Estate Finance and the Macro Economy

期日:201846

場所:経済産業省経済産業研究所

 

Hitotsubashi International Workshop on Real Estate and the Macro Economy

期日:2018327

場所:一橋会館

 

 

2017

 

Hitotsubashi-RIETI International Workshop on Real Estate and the Macro Economy

期日:20171214-15

場所:経済産業省経済産業研究所

 

Hitotsubashi Workshop on Productivity, Real Estate, and Prices

期日:20171020

場所: リクルート本社ビル,グラントウキョウサウスタワー2417

*Summary

 

東京大学金融研究センター・不動産金融フォーラム

期日: 2017929日,1030日,1213日,2018326

場所:東京大学金融教育センター

 

2016

 

Hitotsubashi-RIETI International Workshop on Real Estate Market, Productivity, and Prices

期日:20161013-14

場所:経済産業省経済産業研究所

 

2015

 

CIGS・一橋大学HIT-REFINED(一橋大学経済研究所)合同ワークショップ,わが国における生産性・物価測定の課題-不動産の経済価値の測定を中心として-

期日:20171016

場所: キャノングローバル戦略研究所

 

Commercial Property Price Indices and their Place in Official Statistics

Session organisers: Chihiro Shimizu (NUS), Niall O’Hanlon (IMF)

Session Chair: Carsten Boldsen (United Nations)

期日:2015727

場所: ISI 2015 Invited Paper Session (IPS018),Rio(Brazil)

 

SEM (System of Economic Measurement) 2015, New Methods for Constructing Price Indexes for Commercial and Residential Property

期日:2015724

場所: OECD, Paris

 

 

2014

 

ワークショップ「不動産市場のダイナミクス」

期日:20141216()

場所:一橋講堂

 

ワークショップ「マクロ経済と不動産市場」

期日:20141215

場所:経済産業省経済産業研究所

 

2013

 

住宅価格指数の課題:国際的議論を踏まえて

期日: 20131018

場所:千葉県柏市光ヶ丘2-1-1 麗澤大学生廣池千九郎記念館

 

 

EMG Aisa 1st meeting:Data Gap and Financial Stability

日時: 20131015-16

場所:東京大学・山上会館